婦人

今ではダントツで一位の人気|二重まぶたはパッチリしたデカ目の条件

目元が気になる方

先生

目元パッチリになります

顔の印象は、目元で大きく変わってきます。目元がパッチリ大きいと、美人や知的、そして明るく社交的という印象を相手に与えます。その為、最近は、目元パッチリになる二重の整形の人気がでてきました。二重の整形では、様々な種類があります。大きく分けて、埋没法と切開法の2つです。埋没法は、お客様の希望の二重のラインに合わせて、瞼板に糸を結びつけることで、二重を形成させます。メスを使わず、短時間で整形手術が終わりますし、料金もリーズナブルなため、プチ整形といった形でお気軽に手術される方が増えてきています。手術後の腫れも少なく、もし仮に、数年たってから、埋没法の修正を行う時にも、スムーズに行えるというのが特徴です。仕上がりは、綺麗で、末広型や奥二重等ナチュラルな二重を形成するのに向いている整形方法です。切開法は、全切開と部分切開があります。全切開では、まぶたの余分な脂肪を取り除くので、ぼてっとした一重の人でも、パッチリの二重にすることができます。部分切開は、全切開と違って切開する範囲がより狭くなります。その為、ダウンタイムと呼ばれる、回復期間が短くすみ、早く日常生活に戻ることができます。どの整形手術も、目元パッチリになれるので、クリニックで先生とよく相談してご自身にあった方法を選ぶ事が大事です。

手術後は無理しないこと

二重の整形を受けた後は、どの整形方法を行っても、ダウンタイムという期間が発生します。埋没法は、メスを使っていないので、2,3日でダウンタイムが終わりますが、切開法では、切開する範囲の広さによりますが、数週間から1ヶ月ほどダウンタイム期間が必要な場合があります。この手術後のダウンタイム期間は、実は、二重の仕上がりに影響を与える大事な期間です。なぜなら、手術で、目元の肌はダメージを受けている為、ちょっとした刺激でも跡が残ることがある為です。そこで、手術後は、無理しないことが大事になってきます。具体的にどうしたら良いかというと、まずは、紫外線には極力当たらないようにすることが大事です。その為、日傘をさす、帽子をかぶるといった対策は当然のこととして、ダウンタイム期間は、極力、眼帯をすることをお勧めします。これにより、紫外線を受けなくてすみますし、また、傷口を埃や細菌から守ることにもなるので、やるメリットはかなりあります。ただ、仕事をしている方は、眼帯していては、仕事になりません。そういう方はサングラスや、花粉症対策でも使われる、ゴーグルをつけることをお勧めします。そういった事も、したくないと言う方は、ダウンタイム期間が短い埋没法を行うことをお勧めします。