婦人

今ではダントツで一位の人気|二重まぶたはパッチリしたデカ目の条件

一重まぶたの悩みを解決

シニアの医者

一重まぶたの悩み

一重まぶたと二重まぶたの違いとは、なんでしょう。自分の顔を鏡で見て、まぶたの上にラインが入っているか確認します。ラインのある人は二重、入っていない人は一重ということになります。日本人は一般的に、一重まぶたのほうがポピュラーで多いです。男性であれば、一重に引き締まったクールな印象が得られるため、魅力のひとつになりそうですが、女性の多くは二重まぶたに憧れますよね。一重まぶたのデメリットとはなんでしょう。目が小さくみえたり、まぶたがはれぼったく見えるということがありますね。目が小さくみえると、目つきが悪く見えてしまうこともあります。そのせいで第一印象が悪くなってしまっては、損ですよね。また、きつい印象を与えないようなメイクにしたり、メイクにも気を使います。このように、一重まぶたがコンプレックスだったり、悩んでいる方も多いでしょう。二重まぶたに憧れてまっさきに思いつくことは、整形手術だと思います。最近では整形して、二重にする人も珍しくなくなってきました。ですが色々な事情があり、そこまで踏み切れない人もいます。そこで、手軽に整形気分を味わえるアイテムが売られていたります。これなら気軽に、二重まぶたを試すことができます。

手軽なイメチェンで解決

最近では、手軽なプチ整形手術が流行っています。友人が整形して、二重まぶたに変身していることもあるでしょう。手術に抵抗がある人も、メスを入れずに二重まぶたに整形する方法もあります。それは埋没法といって、まぶたに医療用の糸を埋め込む方法です。手軽にできるので、利用している人は多いと思います。メリットとして、手術後の腫れが少ないことがあります。手術した翌日には、洗顔しても大丈夫なほどです。顔が腫れていては、手術したとすぐにわかってしまいます。その点でも、選ぶ人は多いでしょう。別の方法に、メスを使って深い二重を作り出す切開術もあります。この場合、二重が取れてしまう心配はありません。また、部分的に切開する方法もあります。これは、埋没法を試したけれど糸が切れてしまった人などが利用することが多いでしょう。これらの手術方法のどれにも、メリット、デメリットがあります。埋没法では、糸が緩んだり切れてしまう可能性があります。切開術では、腫れた状態が2週間ほど続きます。部分切開にも、多少の腫れはあります。利用する病院は、慎重に調べて選ぶのが良いでしょう。また、担当するドクターとのカウンセリングをしっかり行いましょう。